藍×竹のとろける大判ストール

販売価格 16,500円(税込)
購入数

ストール柄

触れば誰もがほっとする。
とろけるような肌触り。


藍×竹のとろける大判ストール

竹から生まれたやさしい繊維"TAKEFU"
天然竹100%の素晴らしい特性がそのまま繊維に活かされ、
驚きの抗菌・消臭性を始め、身体に嬉しい様々な効果に期待できます。

このTAKEFUを自然の効能が詰まった天然藍で丹念に染め上げました。
一度肌に触れるとずっと包まれていたくなる、安心と癒しが詰まったストールです。

柔らかく優しい、竹素材の肌への思いやりをご堪能下さい。

※TAKEFUはナファ生活研究所が所有する登録商標です。


TAKEFUの5つの魅力


抗菌性
繊維そのものに抗菌効果があるTAKEFU。
後付の抗菌剤とは違い、何度洗濯を繰り返してもその抗菌効果は持続します。
TAKEFUは検査センターのテストでも、MRSA菌(代表的な院内感染菌)の増殖を大きく抑制することが分かっています。

綿とTAKEFU(竹布)それぞれに4万個ずつのMRSA菌を接種し、18時間経過後の結果を検証。
結果は、綿では約100倍まで菌が増殖したことに対し、
TAKEFUでは、菌がほぼ0に抑制されたという驚きの検証結果となりました。


吸水性
一般的な布繊維に比べ、吸水の速度が早く、汗なども瞬時に吸収。
抗菌消臭性が高いので、首元や身体の汗を吸った後も清潔快適にお使いいただけます。




消臭性
身につけるものとなると、どんなに品が良くても、臭いは気になりがち。
竹布は、様々な不快な臭いに対し抜群の消臭効果を発揮し、その効果は検査機関でも実証済みです。
極上の肌触りに加え、いやな臭いまで消してくれる安心感は、多くの人々の支持を集める魅力の一つです。


温熱・保温性

竹の天然の性質が体を適度に暖め、ずっとぬくもりが続きます。

制電・低摩擦性
静電気が発生すると、マイナスイオンが奪われ、さまざまな不調の原因となる「活性酸素」という物質が体内に増加します。
どの繊維よりも静電気が起きづらく、安心して触れられる素材、TAKEFU。
摩擦係数も低く滑らかな肌ざわりは、皮膚への負担が少なく、敏感肌の方の日常使いや赤ちゃんのおくるみとしての活用もおすすめです。

きっと竹布が好きになる

きっと竹布が好きになる

きっと竹布が好きになる

きっと竹布が好きになる

きっと竹布が好きになる

---------------------------------
素材:レーヨン(TAKEFU)100%
※原料に竹を使用
サイズ:約70×200cm
カラー:天然藍染
バリエーション:群青(ベタ染め)・濃淡(グラデーション)
---------------------------------
※TAKEFU(竹布)は、ナファ生活研究所が所有する登録商標です。
天然藍染めについて
タデ科の多年草植物の葉(葉藍)を収穫し葉を乾燥させ葉と茎に分け、乾燥後の葉藍に水をかけながら醗酵させます。その作業を約3ヶ月間続け、つき固めて乾燥させたものが「スクモ」と呼ばれ天然藍染めの原料になります。
「スクモ」と灰汁・石灰を加え毎日温度とpH値を管理しながら初めて染めることができます。
天然染料のため何回、何十回も染めを繰り返し手間暇かけて職人が染め上げています。
手作業で1つ1つ手間暇かけ染め上げておりますので、取扱いも少し手間のかかる商品ですが、使い込む程に良い風合いと味わいのあるもになり、また染める事により堅牢度が増し生地が丈夫になるため末永く愛用頂けるのが魅力です。
2年3年と使い色が薄くなればお染め直しも出来ますので、お気軽にお問い合わせください。
藍染商品全般についての注意事項
  • 商品は天然素材のため、生地に天然由来の歪みや繊維の凹凸があることがございます。
    天然ならではの味わいとの認識にて、ご理解頂けると幸いです。
  • お客様がお使いのモニターにより、商品の色味の感じ方に誤差が生じることがあります。
    あらかじめご了承くださいませ。
  • 商品はひとつひとつ手染めしております。見本写真とイメージを近づけてお作りしていますが、
    若干の染めムラや、全く同じ模様や色にならないことがございます。
  • 当商品は色止め加工はおこなっていますが天然染料ですので、色落ちや衣服へ色移りする事が
    ございます。一度洗濯をしてからの着用をお勧めします。
    また摩擦、湿気、蒸れにより色移りしますので特に薄色の衣服等には注意して使用ください。
  • はじめの2〜4回はぬるま湯で手洗いの洗濯をお勧めします。
  • 洗濯はできるだけ中性洗剤をご使用頂き、漂白剤の入ったものは使用しないでください。
  • 色移りする可能性があるので薄色の物とは洗わないでください。
  • 洗濯機の洗濯層が汚れる場合がございますので注意してください。
  • 直射日光には弱い為、日陰干しをお勧めします。
  • タンブラー乾燥機は使用しないで下さい。
  • 乾燥後は日陰のタンス等に保管して頂くと末永く愛用頂けます。
TOPに戻る

グループ別で探す

Ranking

Top